テーマ:今日の一曲

『...I don‘t want to spend the rest of my life...』

...そして、<パンデミック宣言>から1年が過ぎた。 <都市閉鎖>だ、<緊急事態宣言>だ、と振り回され、 1年が過ぎても収束するどころか、 <変異株>とやらによる感染者数のリバウンドが 懸念される今日この頃である。 <ニューノーマル>だ、<ウィズコロナ>だ、とか言われても、 「けっ」とかシラケてしまう自分は、完全に時代遅…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『It's been a long, a long time comin'...』

...とりあえずホっとした。やれやれ、といったところか。 そう、米国の新大統領が無事に就任式を終えたからである。 この4年間、<あのとんでもないク〇野郎が大統領>という 恐ろしい現実からひたすら目を背けて生きてきた自分としては、 正当な選挙で負けたことをいつまでも認めようとせず、 バ〇な支持者どもをけしかけて議事堂まで襲わせて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『...His rise was irresistible (yeah!)』

また一人、<天才>と呼ばれた男がこの世を去った。 Diego Armando Maradona、享年60。 フットボールのピッチでは<神>と崇拝されながらも、 私生活はトラブル続きで、まさしく波瀾万丈というか、 「...また誰かが伝記映画とかで金儲けするんだろうなぁ」 などと不謹慎なことを考えてしまうほどドラマチックな人生だっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『...As I walked out in the mystic garden』

三島由紀夫が壮絶な割腹自殺を遂げて今年で50年。 毎年この時期になると、様々なメディアで取り上げられるが、 やはり今年はいつにも増して目にする機会が多い気がする。 まだほんのガキだった自分も、あの日の出来事は覚えているし、 三島が<物書き>として残した作品は言うまでもなく、 彼について書かれた様々な本もこれまで一通り読んできた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「...Calling out around the world」

Edward (Eddie) Van Halenが亡くなった。 享年65。 自分はギター弾きでもないし、 VAN HALEN (VH) の熱狂的なファンでもなかったけれど (正確に言えば、David Lee Roth時代しか聴いていない)、 あの衝撃的なデビューをリアルタイムで体験しただけに、 「There's Hendri…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「...Down on the flatlands, way down in Key West」

6月はキライだ -- 蒸し暑いのが苦手だから。 というか、これから7月、8月、9月の終わりまで ひたすら蒸し暑くなっていくばかりだ、と思い出させるから。 それと、可愛がっていた猫が死んでしまったのも 6月だったから。 今年でちょうど20年になる。 あの年の6月は特に暑かった。 15年という時間をともに過ごせたから、 寿命…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「...Step by Step, One by One」

...11月21日(火) 先週もやってきた渋谷のBunkamura オーチャードホール。 既に開場時間の18時半もとっくに過ぎていたので、すぐに入場。 席は第一ブロックのうしろで、ステージの右側。 まぁ、もうちょっと正面だったら嬉しかったな、くらいの場所か。 19時に場内アナウンスがあり、しばらくすると暗くなる。 「…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「...Living Well Is The Best Revenge」

...いやぁ、マジで疲れた。 John Irvingの長編、『Avenue of Mysteries』を やっとのことで読み終えたのだが、う~ん、ハッキリ言ってしまうと、 どうにもその世界にのめり込めないまま結末を迎えた一冊であった。 いくら読んでいても、こちらの気分が高揚してこないと、 ちっともページが進まなくて、丸々4ヶ月…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「She makes me do things I don't want to do...」

もうすぐ来日する「Macca」ことSir Paul McCartney。 またしてもチケット100,000円で武道館ライヴをやっちゃうようだが、 まぁ、見に行ける人たちは、せいぜい楽しんできてくださいね~♪ という感じか。 先日は1989年の作品、「Flowers in the Dirt」も Special Edition…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「Lord, protect my child...」

...やっと新しい年がやってきた。 とにかく、2016年は色々あって、「最悪」としか言いようのないものだった。 あらためて自分の脆弱さを思い知り、うろたえ続け、途方に暮れた。 でも、最後の最後に、ちょっと素敵な(でも悲しい)出来事があったのだ。 2017年の幕開けに、そのことを書いておきたい。 クリスマスも過ぎ、Georg…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「It's only castles burning...」

...今さら<後出しじゃんけん>みたいで恐縮だが、 米国大統領選については、以前から 「...どうしても、ヒラリーが大統領になれそうな気がしない...」 と、ごく一部の親しい人たちと話していた。 別に彼女を嫌っていた訳ではない。 (だからと言って好きでもなかったが。) そしたら、まぁ、博多駅近くの道路陥没(びっくりぽん!)で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「... No way to slow down...」

何の前触れもなくトラブルは発生し、 あれよあれよという間にすべてが急ピッチで展開し、 もはや「途中下車」は許されず、 自分を取り巻く状況が悪化の一途を辿っていく。 そして、ふと気が付くのだ。 単なる「偶然」のように思われたこと、 そのすべてが「必然」でしかなかったのだと。 たまたま前回取り上げたGENESISがきっかけ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「I could've been born in Tokyo or Delhi...」

EU離脱派が残留派に僅差で勝利した英国の国民投票。 BBCが最終的に発表したところでは、 離脱支持が1,741万742票で得票率51.9%、 残留支持が1,614万1,241票で得票率48.1%、とのこと。 この結果を受けて、キャメロン英首相も辞意を表明、 英国のみならず、世界中が大騒ぎとなってしまった。 自分も最終的に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「They got a line on you...」

...今さらではあるが、念のため(?)ハッキリさせておこう。 ここで自分が名乗っている「みすふぃっと・きっど」とは、 大・大・大好きなバンド、THE CARSの これまた大・大・大好きな3枚目のアルバムで、 隠れた大傑作と信じている『Panorama』(1980年)の アナログLP/B面の冒頭を飾っていた、知る人ぞ知る名曲 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「...Melancholy mood forever haunts me...」

2016年の日本ツアーも大成功だったBob Dylan。 今回も渋谷オーチャードホールでの公演を三回見てきた。 前回、前々回とライヴハウスでの立ち見スタイルが続き、 「この次はもう無理だわ~」とか思っていたから、 (チケット代が高くても)座って見られたのはありがたかった。 今回のライヴではスタンダード・ナンバーがハイライト…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「... Would U let me wash your hair?」

...それにしても、今年はどうなっているんだろう。 あのPRINCEまで、突然この世を去ってしまうなんて。 享年57 -- 50代というのは、やっぱり早過ぎる。 彼ほどの才能あるアーティストなら、60代はモチロン、 70代になってもそれなりに充実した音楽活動を 続けていけただろうに。 その一方で、70歳になった彼の姿は想…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「...Turn and face the strange...」

...あまりにも突然の訃報が届いたその日の夜は、 ショックで彼の音楽を聴く気になれず、さっさと寝てしまったが、 20年以上も前に暮らしていたアパートの部屋で (Bowieのファンだった)姉と二人、しんみりしている夢を見た。 ふと目が覚めて、「あぁ、夢だったんだな」とぼんやり思った。 暗闇の中で、そうではなかったとすぐに気が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「...Barefoot servants, too...」

昨年の終わりに、一週間ほどの休暇を取った。 行き先は、10年ぶりのベトナムだ。 前回は訪れる時間が取れなかったのを後悔したハロン湾や、 ホイアン、フエといった中部の都市まで足を延ばし、 あらためてこの国と、そこで暮らす人々に強い思い入れを抱いた。 ベトナムは美しい。 ...忘れられない一枚の写真がある。 40年前、19…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「Lay back on me pal I'm here...」

今年5月に36年ぶり(!)の来日公演をやってくれた あのHugh Cornwell氏から、これまでのSolo活動をまとめた Anthology(「Best of...」とはあえて呼んでいないので) なるものが届いたぞ。 *今日の一枚:  「The Fall and Rise of Hugh Cornwell」 (2015)…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「...Situation quite insane...」

年明け早々、「シャルリ・エブド」襲撃事件があったParisで、 今度は連続無差別テロ事件である。 サッカースタジアム、レストラン、コンサート会場等を ターゲットに分刻みで波状攻撃をかけるというもので、 組織化されたテロリスト集団(=Islamic State/IS) によって周到に準備された計画的犯行だという。 フランス…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「...Step aside, open wide...」

読書週間(⇒今年の標語は「いつだって、読書日和」)に 『おいしい資本主義』(河出書房新社)という本を読んだ。 著者は、(その類の連中に)「売国奴」呼ばわりされるA新聞で 『アロハで田植えしてみました』、さらにその続編となる 『アロハで田植えリターンズ』を連載中の近藤康太郎氏。 生き様からしてROCK 'N' ROLLしまくって…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「...At the end of a dream...」

...つい先日、昼過ぎに目撃してしまった。 路上駐車していた軽トラックの運転席で 熱心にドラムの練習に励んでるドライバーを。 いわゆる「エアドラム」なんぞではなく、 ちゃんとスティックでパコパコ叩いている。 (その音が車外にしっかり洩れていたんで こっちも気が付いたんだけど。) ハンドルのすぐ左横には かなり使い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「...Ain't nobody messin' with you but you...」

猛暑日が続いて、すっかりヘロヘロな2015年の8月。 何も考えたくなくて、ただぼんやりと毎日を過ごしている。 やれ「戦後70年」だなんだと世間が騒ぎ続ける中で、 現実逃避するようにThe Grateful Deadを聴きまくり (Jerry Garciaが逝ってしまって、もう20年になるのだ!) それこそ何年ぶりかで高校野球に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「I'm not the kind of girl you'd take home...」

...前回書いた「Perfect Day」の話の続きではないけれど、 ふとしたきっかけで、もしくは、大したきっかけもないのに、 長い間、当たり前のように(=無意識に)聴き続けてきた曲、 場合によっては、それほど好きでもなかった曲が、 自分の心の奥深いところに、「ポーン!」とはじけるように 飛び込んできてしまうことがある。 誰…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「...As I fade, still life goes by...」

先日、来日公演を終えたばかりのHugh Cornwell(HC)が 1990年に脱退してしまった後のThe Stranglersについて ちょっと書いておきたい。 HCの後釜として加入したPaul Roberts(Vo.)と John Ellis(G.)という二人の新メンバーに対しては 長年の(HCの)ファンからも容赦ない…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「Can you hear a distant bell that's getting near?」

GW連休の終わりにHugh Cornwellの来日公演を見てきた(5/5 + 5/6)。 今年2月に予定されていたライヴが、5月まで延期されたのは、 どうやらビザを取るのにかなり手間取ってしまったようで、 「あぁ、なるほど」と思い当たるフシはあったけれど(!)、 とりあえずここではNo Commentとしておきましょう、ハイ。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「Not a word of goodbye, not even a note...」

先月BLUE NOTE TOKYOで見たCassandra Wilsonの 圧倒的なライヴの余韻にずっと浸っているのだが、 あの凄腕ミュージシャンたちをバックに 彼女が歌うところをぜひ聴いてみたい、 と思ってしまった曲がある。 ...Bob Dylanの「Man in the Long Black Coat」だ。 1…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「I know I will sustain... 'Cause I believe in you」

このあいだの日曜日に衆議院選挙があった。 この国の政治(家)には何も期待していない。 それでも、投票には行ってきた。 「こいつ(ら)には絶対入れるもんか!」 と思うことがあっても、 わざわざ一票を投じたいと思えるような 候補者や政党がある訳でもないのに。 自分を投票所へと向かわせたのは、 現在、この国が確実に良く…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「And the men who hold high places...」

...いやぁ、先日のPhil Ruddくんには驚かされたね。 これ以上のコメントは控えるけど。 さて、と。 自分は今も「現役」でドラムを叩いているし、 このブログでもドラマーを取り上げることが多い。 当然ながらドラマーのスタイルにも好き嫌いがあるし、 それは自分のドラマーとしての実力とは一切関係ない。 個人的に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「It's another lonely evenin' ...」

ち、ちょっと待ってくれよ、と言いたくなるようなニュースだ。 昨日の午後、ネットをぼんやりと見てたら、 「AC/DCのドラマー、殺人計画関与の疑いで逮捕」 との見出し。 なんぢゃそりゃ? なんでも、殺し屋を雇って、男性二人の殺害を企てた、らしい。 有罪となれば、最長で禁錮10年の刑が科されるかも、とのこと。 その…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more