「It's only castles burning...」

...今さら<後出しじゃんけん>みたいで恐縮だが、
米国大統領選については、以前から
...どうしても、ヒラリーが大統領になれそうな気がしない...
と、ごく一部の親しい人たちと話していた。
別に彼女を嫌っていた訳ではない。
(だからと言って好きでもなかったが。)
そしたら、まぁ、博多駅近くの道路陥没(びっくりぽん!)ではないが、
あのような悪夢としか呼べないような結果となってしまい、
「どーしてくれるんだっ!」とか八つ当たりされたりもしたのだが、
あんなサイテーの奴(名前を書きたくもないのだ!)が
次期大統領になっちまったのは、こっちのせいじゃないっ!

もはや取り返しのつかない状況となりつつある訳で、
あんなク○ったれとそのロクでもない一味が
ありとあらゆるかけがえのないものを破壊し尽くし、
修復不能なダメージをアメリカ大陸どころか、
世界中にもたらしかねない。
どうすれば良いのか、と途方に暮れてしまう。

フテくされて音楽の世界に逃げるのはいつものこと。
David Bowieの「I Am Afraid Of Americans」とか
Dylanの「Everything Is Broken」とか聴きながら
憂さ晴らしをしていたのだが、最も心に強く響いたのはこの曲か。

*今日の一曲:
 『Don't Let It Bring You Down
 by Neil Young (1970)

 Old man lying by the side of the road
 With the lorries rolling by,
 Blue moon sinking from the weight of the load
 And the building scrape the sky,
 Cold wind ripping down the allay at dawn
 And the morning paper flies,
 Dead man lying by the side of the road
 With the daylight in his eyes.

 Don't let it bring you down
 It's only castles burning,
 Find someone who's turning
 And you will come around.

自分の力ではどうしようもない現実を前に
ただ落ち込んでいてもしょうがない。
もう一度、立て直していくだけだ。
...少なくとも、この体力と気力が続く限りは。

画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック